債務整理の費用を分割|債務整理費用について考える

債務整理の費用を分割にしたい方は当サイトの情報を参考にしてください。債務整理をするということは借金がかさんでいるので、初期費用がかかってしまっては困りますよね。分割対応をしている事務所もたくさんあるので安心してください。

債務整理の費用を分割|債務整理費用について考える > 債務整理費用分割|債務整理の費用について考えよう

債務整理の費用を分割にしたい方は当サイトの情報を参考にしてください。債務整理をするということは借金がかさんでいるので、初期費用がかかってしまっては困りますよね。分割対応をしている事務所もたくさんあるので安心してください。

費用分割で債務整理はできるのか?

債務整理をするときに費用は分割にすることはできるのか?

債務整理をするということは借金がそれなりにある状態なので、最初に幾らかの費用がかかってしまうのはなるべく避けたいですよね。
初期費用無料、費用分割で、なるべくなら成功報酬や着手金も安く抑えたいものです。


債務整理について、色々な悩みがあると思いますが、それを簡単に解決できるサイトがあります。
それはこちらのサイトです。

⇒ 街角法律相談所無料シュミレーター


借金減額シミュレーターですが、簡単なフォームで3つの質問に答えていくと自分にあった債務整理の方法や自分にあった法律事務所や司法書士事務所を教えてくれるという、とても便利なサイトです。

ここで紹介される事務所はすべて借金専門の事務所で、初期費用が無料、費用を分割にできる事務所など、自分にあった事務所を選ぶことができます


手続きもスムーズに出来て、費用も抑えることができる事務所も選べます。
債務整理のかんたん減額シミュレーターをまず一度使ってみることをおすすめします。

⇒ 街角法律相談所無料シュミレーター
 

債務整理の種類はどんなものがあるの?

債務整理と一言で言っても、その種類はいくつかあります。
借金の状態によってどの方法を選ぶと一番オトクになるのかが違ってきます。

無料の借金診断シミュレーターを使えば、そこは法律事務所と相談して最適な方法を教えてくれるので、あまり考える必要はありません。
どの方法を選んだら良いのか、考えるのも面倒という人はシミュレーターで診断をしてみてください。

⇒ 街角法律相談所無料シュミレーター



ですが、一応、どんな種類があるのかを予備知識として知っておきましょう。

【自己破産】
債務整理の中でも借金整理の最終手段です。
手持ちの財産(住宅、自家用車、生命保険など)は全て裁判所に差し押さえられ、競売にかけられます。
デメリットが一番多い借金整理の方法ですが、税金を除く全ての借金が免除になります。
住宅ローンや事業で多額の借金がある方は自己破産になる可能性が高いです。

【個人再生】
自己破産について、デメリットが多い債務整理方法です。
財産の差し押さえはありませんが、借金は原則として5分の1に減額されます。
住宅を手放さずに借金を整理できるので、自宅を残したい場合には自己破産よりも個人再生を選ぶと良いかもしれません。

【任意整理】
債務整理の方法の中でも一番人気の方法です。
裁判所を通さずに、過払い金の引直計算や金融機関との和解を経て借金を大幅に減額して、金利を払わずに済む方法です。
一番軽微な債務整理の方法ではありますが、ブラックリストには載ってしまうので、向こう5年間はクレジットカードを含めた借り入れができなくなります。

【過払い金請求】
一応債務整理の方法の一つです。
主に借金を完済している人向けですが、借金が残っている人もこの債務整理方法になる可能性があります。
借金が残っている状態で過払い金の引直計算をした時に、返還される過払い金が借金残高を上回った時にはブラックリストに載ることがなく、過払い金が返還されるのみとなります。



以上の4つの方法が債務整理の主な方法です。
どれを選ぶかは自分で考えるのも良いですが、やはりプロにお任せするのが良いと思います。

まずは無料の借金診断シミュレーターを使ってみてください。


⇒ 街角法律相談所無料シュミレーター